「なたまめ」が日本に伝来してきたのは江戸時代初期?

最近、「なたまめ」が健康によいとか口臭をおさえて口腔内をサッパリとさせるなど、たいへん評判の高い豆類として人気があります。

「なたまめ」を漢字に変換すると「鉈豆」とか「刀豆」。

「なたまめ」は、マメ科の多年草で熱帯アジアが原産地、その多くはインドで栽培されています。

日本のような温帯地域では霜でやられるため一年生の作物になりますが、その「なたまめ」が日本に入ってきたのは、江戸時代の初期だといわれています。

若いサヤは野菜として煮て食べることが多く、若いサヤの「」なたまめ」は、スライスを福神漬けにしたり、粕漬けやみそ漬けにして食べられているようです。また、花は酢漬けにして食卓の彩りに重宝されています。

健康志向の高まりにより注目されはじめた「なたまめ」を日常的に取り入れやすい形にしたものに「なたまめ茶」があります。

■なたまめ茶の効能マメ知識なたまめ茶の効能マメ知識■を参考にすると、なたまめ茶には、食物繊維やサポニン、タンパク質、ビタミンなど豊富な栄養素がタップリと含まれており、栄養補助食品としてはもちろん、口臭予防やむくみ解消、関節痛の緩和などにも効果的なようです。

さらに、ダイエット効果も期待できるようですから、これは嬉しい情報です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>